私の赤ら顔改善体験

私は生まれつき赤ら顔で、幼い頃は気にならなかったものの、年頃の時期を迎えてかなりのコンプレックスを感じるようになってしまいました。

ですが色々な改善方法を試した結果、ほとんど目立たないようになり、むしろ色白で羨ましいと言われるまでになったのです。

 

そもそも赤ら顔の原因は表皮の薄さです。

 

毛細血管が透けてしまうんですね。

ですから、出来るだけ刺激を与えないようにする事が大切になります。

 

毛細血管を活発にしてしまうというより、表皮をなるべく削らないようにするのです。

もちろん肌は汚れが溜まりますから、キチンとケアはしなければいけません。

 

ですが、方法を工夫する事によって表皮の厚さをキープしていきます。

 

例えば洗顔の時はなるべくゆっくりと丁寧に洗います。

ゴシゴシ擦ってはいけません。

 

石鹸やローションはあまり付けないで、付けるとしても低刺激のものを使っています。

低刺激と言えば、化粧品も同じです。

 

そしてもう1点、紫外線には十分気を付けます。

赤ら顔だとほんの少しの日焼けでも、顔が真っ赤になってしまうのです。

 

ですから、低刺激のUVケアを十分してから外出するようにします。

日傘は必須ですね。

 

そして日陰を歩くようにすれば、紫外線はかなり防ぐ事が出来ます。
こんな生活をするようになってから、1年もしないうちに赤ら顔が目立たなくなって、美肌と言われるまでに改善していったのです。

 

お困りなら是非参考にして下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>