赤ら顔になる3つの原因

赤ら顔というものには、幾つかの原因があります。

原因にそった対処法をしなければ、治療は望めないので注意しましょう。

 

原因1 皮膚が薄い

 

赤ら顔の原因としてまず第一に、顔の皮膚が薄いということが考えられます。

皮膚自体に異常があるのではなく、中の欠陥が透けて見えてしまうことで赤ら顔となっている場合です。

 

この場合のときは、血液の流れを正常にすることで改善することができるでしょう。

火照って赤みを帯びている時は冷やし、逆に血行が悪くてうっ血している状態の時は温めると赤みを引かせることができます。

 

原因2 皮膚の炎症

 

次に皮膚自体に問題がある場合です。

肌の調子が悪く刺激に弱くなっているときは、自分の汗が空気中の化学物質と混ざったり、化粧品と一つになって肌にしみこんでしまうことで炎症を引き起こします。

 

汗を掻いたらこまめに拭う、クレンジングを行う、肌に優しい化粧品を使ってみるなどの対処をとることで、炎症を抑えることができるはずです。

 

原因3 ホルモンバランス

 

ホルモンバランスの影響でも、赤ら顔という症状は発症したりします。

ホルモンのバランスは様々なことによって崩れるものなので、生活改善を心がけたりリラックスしたり、できるだけ気にしないように努めてみるのも効果的ですね。

 

また何かの病気が根本にあって、赤ら顔という状態になることがあるので、顔が火照るなどというほかに体に不快感を感じたら、病院に行くという決断をしてみるのも大切です。

たかが顔が赤いだけと思わずに、適切な対処をしていってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>