ビーグレンで赤ら顔を治せるの?

軽度の赤ら顔であれば肌への刺激が少ないビーグレンでケア

 

赤ら顔の要因は様々でして、中等度から重度の症状が見られるようであれば自己流のケアだけでは不十分となります。

美容外科などにおいてレーザー治療や光治療そして注射や点滴を用いて治療する場合があります。

 

軽度の赤ら顔であれば、日頃の食生活や肌のケア方法を改善することで解決する可能性もあります。

まずは状態と原因を見極めることが大切です。

 

女性の場合は皮膚が薄かったり毛細血管が多かったりすることによって血液の赤さが目立ってしまうというケースがありますが、生まれつきでないのであれば脂漏性皮膚炎やニキビといった炎症が原因であることが多いです。

 

洗顔が不十分で化粧がきちんと落としきれないなどの理由により皮脂が溜まってしまい炎症を引き起こすため、まずは肌を清潔に保つことが大切です。

 

ニキビが治っていない状態で洗顔料や美容液を変えたとしても炎症を悪化させてしまうだけですので、まずは治療薬を用いてしっかりと治しましょう。

ある程度症状が落ち着いてきたら洗顔料の変更を検討し始めるのですが、できるだけ低刺激タイプを選択してください。

 

たとえば、「ビーグレンのクレイウォッシュ」という洗顔料は超微粒子クレイが配合されており、泡立てなくても毛穴の汚れをクレイがしっかりと洗い流してくれるのです。

 

そのため刺激が非常に少ないです。

さらに同じくビーグレンのCセラムという美容液を塗布することで、皮脂のバランスを整えてくれるビタミンCを補給できるため、肌の状態が改善していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>