赤ら顔の原因は毛細血管・ニキビの2つ

赤ら顔になる原因によって対処を変えましょう

 

赤ら顔の方の主な原因としては、顔に張り巡られた毛細血管が太くなる事で起こりやすくなります。
毛細血管が太くなるには、外部的な刺激(日光やピーリングなど)の他、ストレスや老化、それに先天的に顔の毛細血管が太いという方もいらっしゃるようです。

 

また、敏感肌の方は皮膚表面が薄いために毛細血管の拡張が起こると、それが見えやすくなってしまいます。
さらにニキビやニキビ跡の多い方というのも炎症により赤みを増しているので赤ら顔に見えてしまいます。

 

まずはご自身がどのようなタイプでの赤ら顔なのかを把握する事が大切です。

 

1.毛細血管が太い方の対処法

 

毛細血管が太い方の場合は、ベースメイクをしっかりする事で赤ら顔を目立たなく出来る場合があります。
また、エステにてフォトフェイシャルという施術を行う事によって、毛細血管を縮小させる方法もあります。

 

敏感肌が原因の赤ら顔の場合は、普段の洗顔の時にむやみに顔を擦ったり、化粧水などをつける時に馴染みがよくなるからといって顔をパンパンと叩くなどは止めるようにしましょう。
これらの刺激が元で顔が赤くなってしまう事があるからです。

 

それらを止めても改善が見られない時は、赤ら顔用のクリームやサプリメントを使ってみるのもよいでしょう。
顔の赤みを取るのと同時に、肌に保湿や必要な栄養を与えてくれるので、敏感肌の改善にも役立ちます。

 

2.ニキビによる炎症の対処法

 

最後にニキビによる赤ら顔の場合は、ビタミンCが多く入った化粧水でケアするのがよいと思います。
ビタミンCには皮脂の分泌を抑制する働きがあるので、肌に直接塗る他、サプリメントなどで補給するのもよいでしょう。

 

また出来てしまったニキビの炎症を抑える効果もあるので、ビタミンCを摂取することを心掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>