赤ら顔を治す3つのポイント

ilm16_ca01005-s透き通るほど白く澄んだ美肌に憧れる女性にとって、顔全体が真っ赤に腫れ上がってしまう「赤ら顔」の症状は大変つらいものがあります。

 

軽く掻いたり暖房の部屋に入ったりしただけでも顔が赤くなることがあり、人前に出ることさえ嫌になってしまう方も少なくありません。

 

赤ら顔の原因は、一言で言えば極端な敏感体質にあります。

 

些細な刺激が加わっただけで皮膚の下の毛細血管が拡張し、顔全体が赤く浮き上がって見えてしまうのです。

 

生まれつきの体質の場合もありますが、大抵はストレスや栄養バランスの乱れに起因しているため、工夫を講じることで十分に対処することが可能です。

 

ポイント1 食生活の改善

 

赤ら顔を治す一つ目のポイントは、食生活の改善です。

毛細血管の拡張を抑えるために、血液をサラサラにしてくれるビタミン類を積極的に摂取しましょう。

 

特に、血栓防止効果のあるビタミンKは赤ら顔改善に最適な栄養素。ホウレンソウやワカメ、納豆などの食材を日々の献立に多く盛り込むようにすると良いでしょう。

 

ポイント2 スキンケア

 

二つ目のポイントは、スキンケアです。

肌への刺激を抑えるために、保湿力の高い洗顔料で優しく丁寧なフェイスケアを心がけましょう。

 

その際、皮膚を強く擦ったり高熱のお湯で顔を洗ったりするような行為は厳禁です。

自分の肌を優しくいたわるトリートメントが大切です。

 

ポイント3 コスメ選び

 

三つ目のポイントは、適切なコスメ選びです。

自分の体質に合わない化粧品を使い続けていると、肌の神経に大きなストレスを与えて赤ら顔の症状を強めてしまいます。

 

刺激の強い成分が配合されているコスメは避け、天然由来の原料で生産されている美容液を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>