カテゴリー別アーカイブ: 赤ら顔を治した体験談

赤ら顔で病院に行ってきました

赤ら顔は全ての面から気をつけて

 

私も昔、赤ら顔で悩んでいました。それで病院にも行ったことがありです。

血液の循環が良くないから、顔が赤くなるとか色々と言われたりしました。

 

特に、下半身が冷えると、赤ら顔になりやすいと言われました。

だから、冬の方が赤ら顔が目立つのでかなって思いました。

 

冷え性体質の私ですが、下半身は特に冷えます。

だから、極力下半身を冷やさないように、冬はもちろん、夏でも家にいるときは靴下とか履いています。

 

ふくらはぎとかをマッサージしても、ても効果があるので、毎日のように日課にしています。

太腿をマッサージをするのとしないのでは、顔の赤みが全然違ってきます。
食生活も気をつけています。

夏でもあまり体を冷やす食べ物を極力食べないようにしています。

 

生姜とかは体を温めて、体の血液の巡りを良くするので、よく生姜使った料理をしています。

生姜料理は、年中しています。
また、洗顔も気をつけています。

年中顔は朝は洗わないようにしています。

 

できるだけ、顔はつつかないほうがいいと思うからです。

ファンデーションも、あまりつけなくなってから顔の赤みが薄らいだように思います。

 

もちろん化粧水や乳液などは使いません。

とにかく顔に刺激になるようなものをはあまりしない方がいいと感じたからです。

 

以前は化粧も化粧水もきっちりしていたけれど、何もしない方が、かえって目立たなくなったので、赤みを気にしている人はぜひ試してもらいたいです。

私の赤ら顔改善体験

私は生まれつき赤ら顔で、幼い頃は気にならなかったものの、年頃の時期を迎えてかなりのコンプレックスを感じるようになってしまいました。

ですが色々な改善方法を試した結果、ほとんど目立たないようになり、むしろ色白で羨ましいと言われるまでになったのです。

 

そもそも赤ら顔の原因は表皮の薄さです。

 

毛細血管が透けてしまうんですね。

ですから、出来るだけ刺激を与えないようにする事が大切になります。

 

毛細血管を活発にしてしまうというより、表皮をなるべく削らないようにするのです。

もちろん肌は汚れが溜まりますから、キチンとケアはしなければいけません。

 

ですが、方法を工夫する事によって表皮の厚さをキープしていきます。

 

例えば洗顔の時はなるべくゆっくりと丁寧に洗います。

ゴシゴシ擦ってはいけません。

 

石鹸やローションはあまり付けないで、付けるとしても低刺激のものを使っています。

低刺激と言えば、化粧品も同じです。

 

そしてもう1点、紫外線には十分気を付けます。

赤ら顔だとほんの少しの日焼けでも、顔が真っ赤になってしまうのです。

 

ですから、低刺激のUVケアを十分してから外出するようにします。

日傘は必須ですね。

 

そして日陰を歩くようにすれば、紫外線はかなり防ぐ事が出来ます。
こんな生活をするようになってから、1年もしないうちに赤ら顔が目立たなくなって、美肌と言われるまでに改善していったのです。

 

お困りなら是非参考にして下さいね。